貨物運送事業の運転者は、原則として、直接雇用で社会保険(厚生年金保険)に加入していることが必要です。

その意味で「常時選任運転者」と呼ばれていますが、一方、常時選任運転者になれない人は次のような人です。

  • 日々雇い入れられる者
  • 2月以内の期間を定めて使用される者
  • 試用期間中の者(14日を超えて引き続き使用されるに至った者を除く)

上記の人たちは、常時雇い入れられた人ではないので、厚生年金保険の被保険者とならないからです。

しかし、運転者は必ずしも正社員である必要はありません。派遣社員や出向社員でもOKですし、アルバイト・パートでも構いません。しかし、一定の期間以上雇われる必要があります。

また、アルバイト・パートでも、1週の所定労働時間および1月の所定労働日数が常時雇用者の4分の3以上であれば、厚生年金保険に加入できます。

経営者としては、社員の社会保険料の半分を負担しなければならないので、できるだけ人件費をカットしたいと思われるかもしれませんが、ブラック企業とみられないためにも、可能な限り社員の雇用条件には配慮する必要があります。